双極性障害の症状を把握して治療に望むことが大切

双極性障害Navi

早めに相談する

くしゃくしゃの紙

双極性障害の症状は、うつ病と躁状態が交互に現れます。そのため、躁状態が続いて数年後にうつ病症状が続くなど期間をあけて発症することが多いものです。期間があいてしまうことで周囲は気づきにくいといえます。しかし、気付かずそのまま過ごしていると双極性障害のうつ病と躁状態の期間が短く発症してしまいます。数年後に発症していた躁状態とうつ病症状が一年間の間に何度も繰り返し発症してしまいます。また、双極性障害の症状が進行すると薬治療の効果が薄れてしまう他にも社会復帰までに時間がかかってしまいます。そのため、高齢になると社会復帰も余計に難しくなってしまうので早めの治療が大切といえます。また、双極性障害は薬物治療以外にも様々な治療方法が挙げられます。

病院以外にも、クリニックで双極性障害の治療を受けることが出来ます。双極性治療の一つに、電気けいれん療法が挙げられます。脳に電流を流して刺激を与える治療法になっています。薬物治療と異なり、副作用の症状もないため安心して受けることが出来る治療法といえます。しかし、電気けいれん療法は体調が万全な状態でしか受けることが出来ません。そのため、日頃から体調を整えておく必要があります。電気けいれん療法は、即効性があるため早めに治療を行いたい人には向いている治療法といえます。また、副作用では一時的に記憶が薄れてしまうこともありますが完全に記憶が消えるわけではないため安心して受けることが出来るといえます。

↑ PAGE TOP